サイト改修中です。しばらく記事が崩れたり見た目がコロコロ変わったりします。ごめんなさい。

キラキラプリキュアアラモード キュアパルフェとペガサスパフェについてつらつらと。

この記事は約3分で読めます。

夢と希望を! レッツ・ラ・まぜまぜ!

※ この記事は番組未登場のキャラクターについて、主におもちゃ公式サイトの情報をもとにあーだこーだテキトーに書くものです。

キュアパルフェ雑感

 6人目のプリキュアはレインボー! キュアパルフェ、早くも公式情報解禁しましたね。
 耳、翼、尻尾、ブーツにペガサスらしい意匠を施し、ドレス本体はトップにパフェグラスっぽいブルーのデザイン、アンダーにクリームを思わせるモコモコの白を重ねたパーティドレス風。それからなんといってもレインボーカラーのティアードフリルが華やかですね。アクセサリは各種フルーツとはーちゃん譲りのパフェ、それから・・・胸元にヒイラギ。
 言ってしまうと、予想どおりというか当たり前というか、リオくんの回想に出てきた女の子ですね。変身前の名前はキラ星シエルというそうです。ほどよくアグレッシブな名字ですね。
 意志の強そうな面立ちは乗り手を選んだといわれるギリシャ神話のペガサス譲りでしょうか。一目見た瞬間、ああ、こういう子ならリオくんが拗ねるのもやむなしだなあと思わせる謎の説得力。動物占いにおいてペガサスは自由奔放でマイペースなキャラクターとされます。

 同時に新しい妖精も情報解禁されましたね。オープニングでペコリンとじゃれてたあの子。ヒイラギ飾りがチャームポイントのキラリンさんです。
 キラリン・・・キラ星・・・そしてヒイラギ・・・。おーけーおーけー、みなまでいうまい。ちなみに神話でのペガサスのお母さん、メデューサは死後にその首を女神アテナの盾に飾られたそうです。魔除けとして。

 プリキュアとしてのパーソナルカラーはレインボーでしょうけれど、スイーツパクトは緑色に輝くようです。
 歴代4人目の緑プリキュア。今年はスマートフォン向けゲームの『キュアぱず』があるので、多少強引にでも緑プリキュアとして扱われるようになるはず。あのゲームはどうしてプリキュアを7色もに細分化しちゃったんだ。

 口上は「夢と希望を! レッツ・ラ・まぜまぜ!」。ヒーローもののド定番ですね。私としては2ワードとも少々未来志向に偏りすぎて気に入らない。それらはもちろん素晴らしいものですが、未来と同じくらい現在の日常も大切なプリキュアにとっては、少々気負いすぎな印象もあります。この人に置いていかれて現在絶賛やさぐれ中のリオくんがいるのでなおさら。
 彼女の物語はこのあたりが焦点になるんでしょうか。一部重複するパターンにドキドキ!プリキュアの円亜久里や、魔法つかいプリキュア!の十六夜リコがいるので、もうひとひねりしてくるでしょうけれど。ひょっとしてリオくん終盤まで敵対しつづけるとか?

 どうでもいいことですが、おもちゃのリボンはちゃんと補修用を別売りしてくれるんでしょうか?

ペガサスパフェ雑感

 変身アニマルスイーツはペガサスパフェ。難易度星1つ。
 アニマルスイーツのデザインっておもちゃとレシピのどっちが先行なんでしょうね。毎週のレシピの奮戦っぷりから察するにやはりおもちゃ先行でしょうか。おもちゃ版ペガサスパフェのこの造形、どうやってレシピに落とし込めと。

 レシピとしては基本的にアイスクリームと果物とワッフルを盛り付けるだけです。つくりかたとしては特に難しいところ無し。パフェはつくろうと思えば誰にでもできるスイーツです。
 ただし様々な素材をちょっとずつ用意するのがひたすら面倒くさいうえ、アイスを溶かさないよう手早く組み立てるにも少々慣れが必要だったりして、家庭でつくるには意外と敷居が高かったりします。見た目を気にしなければトコトン簡単なんですが、見た目が華やかじゃなきゃパフェじゃないって側面もあり、できれば喫茶店で食べたいスイーツですね。

 パフェ(仏:parfait)はパーフェクト(英:perfect)と源流を同じくする言葉で、すなわち「完璧」という意味のスイーツです。色といい食感といい、一皿にたくさんのバリエーションを詰めこんでいますからね。まさに追加戦士にふさわしい。
 もっとも、全体としては「完璧」というには少々冷たさと甘さに偏りすぎていて、食べた後で温かい梅昆布茶が欲しくなっちゃうんですけどね。(私だけ?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました