ポプテピピック 第2話感想 今日食べた晩ご飯について。

君に届けポップテクニック!

―― 歌唱声優のチョイスから察するに、本当に届けたいのはサントラCDなのでは?

星のカービィ スーパーデラックス

材料

豚バラブロック:自分が満足しそうと思った量のだいたい半分くらい
キャベツ:目方でお肉の2倍~3倍
ニンジン:多めに入れた方がおいしい
ショウガ:ムシャムシャいけるくらい
鷹の爪:好みで
片栗粉:ちょうどいい量
塩:ひとつまみ
砂糖:気持ち多め
創味シャンタン:躊躇なく

つくりかた

1.豚バラ肉は5mm厚程度に、キャベツはざく切り、ニンジンと生姜は短冊切り、鷹の爪は輪切りにします。
2.片栗粉と塩と砂糖を混ぜ、豚バラ肉によくまぶします。
3.フライパンに多めの油を敷き、豚バラ肉を揚げ焼きにします。火が通ったら一旦引き上げて油を切ります。
4.フライパンに残った油を健康に影響ない程度だけ残して拭き取り、鷹の爪を入れて香りが立つまで弱火で加熱します。
5.ニンジン、ショウガ、キャベツの順に野菜を加えて強火でざっと炒め、創味シャンタンで味付けします。
6.豚バラ肉をフライパンに戻し、衣の片栗粉が野菜から出た水分と馴染んだらできあがりです。
7.ポプテピピック第2話を観ながら食べるとひとりでもさびしくありません。
8.というか独り飯ごときでさびしく感じるウサギさんはさっさと結婚しろや、結婚。

 ぶっちゃけ超脂っこいのでお酒をがぶがぶ飲みながら食べるのがオススメです。
 多少酔いが回った方がポプテピピックも面白く感じるでしょうし。

 ・・・って感じのレシピメモを感想と言い張るつもりでいたのですが、やめました。なんか第2話、普通に面白いんですもん。おめークソアニメを標榜していたんじゃなかったのかよ。同じ内容を2セット見せつけてくる以外は今話クソアニメ要素全然ないじゃんF○○○。
 第2話の何がいいって、セリフに被せるBGMがほとんどないところですよね! おかげで声優がどんなムチャ演技をしててもちゃんと聞き取れる! そもそも今話は第1話ほどムチャ演技してないけど! まさかこのアニメの制作者に視聴者を楽しませる気があったとは!
 これじゃあ私はいったいどうやってこのアニメを楽しめばいいんですか!!!!!

 まあ面白かったんですけれども。

 しかしこう、普通に真っ当にアニメとして面白いと、なんというか、その、制作者の狙いどおりに操られている感があって甚だ不本意です。ドチクショウ。
 アレです。自由度が足りない。第2話には自由度が足りない。第1話に垣間見えた自由度が第2話には圧倒的に足りない。
 だって今年もう2018年ですよ? オブリビオンとかグランドセフトオート3とかフォールアウト:ニューベガスとかが出てからいったいもう何年経ったと思っているんですか。ゼルダの伝説BotWですらそろそろ1年経つんですよ。
 それなのに日本のアニメ業界ときたら。いつまで単調な1本道の娯楽に甘んじているつもりなんですか。情けない。今のトレンドはオープンワールドでしょうが。猫も杓子もオープンワールドでしょうが。海外様のトレンドに従えよ。そろそろ海外のAAA製作も破綻しそうだってのに、まったくいつまで。
 今が最後のチャンスですよ。今を逃せば日本のアニメはオープンワールド化のチャンスを永久に失いますよ。画面の前で30分弱、視聴者様にひたすらぼけーっとテレビ眺めさせるだけのレールプレイングムービーをいつまでエンターテインメントと言い張るつもりなんですか。時代遅れな。繰り返しますが、本当に今が最後のチャンスなんですよ。だってほら、海外ですらぼちぼちオープンワールドブームが終息しそうな雰囲気ですし。
 となると次に来るのは、やはりクリエイターのカラーが如実に表れるインディーズの時代か。ニンテンドースイッチの台頭もあってAAAよりもむしろ小品の方が景気よさそうですしね。この土俵ならポプテピピックほんのり有利か。やったね!
 ・・・と思うじゃん? でもインディーズはインディーズで数年前からsteamにクソゲー乱立しすぎていて、最近は1本1本が正当な評価をされにくくなっているんですよね。ゲーム業界全体が消費者からの信頼を損ないつつあるんですよね。せっかく丁寧につくり込まれたゲームを市場に流しても手に取ってもらうことすら難しくなりつつあるんですよね。いわゆるアタリショックと同じ傾向ですよ、コレ。マジヤバイ。
 ポプテピピックマジヤバイ。オープンワールド化とか言ってる場合じゃねーや。ポプテピピックは今のままのポプテピピックでいたほうがいいわ。これからの時代はやっぱりジャパニメーションですよジャパニメーション。クールジャパン!

 でもホント第1話くらい突き放してくれた方が私の好みでした。これはこれで面白かったけれども。

 やー、お酒が進む進む。でもこれならシラフでもいけたー。
 というかあのフェルト人形の超絶クオリティはお酒が抜けてからじっくりコマ送りで味わいつくさにゃならん。なんでストップモーションアニメで髪がなびくの? そこまで凝るその執念はいったい何?
 あと「おわかりいただけただろうか?」とか言いつつ実際は画面に何も映していないのは酔いが醒めるまで絶対に許さんからな!
 よし、許した。フェルト人形堪能しよう。
 サブカルこねくり回したらそりゃ偽物しかできないに決まってるでしょ。サブカル自体メーンカルチャーの模倣と反発がベースなんですから。まあサブカル好きが求めているのはベースじゃなくてそこに込められたほの暗い情念とエロスと狂気と自分に酔える雰囲気なんですが。

 しかしアレですね。
 シュール系4コマをこうもフツーにアニメ化されると、なんというか、まるで『せがれいじり』をプレイしているような気分になりますね。(古い)

シェアする?

フォローする!