真・女神転生5 プレイ日記 その8 エンディングまで

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

紫繕セイカよ。秩序と混沌の狭間を戦いぬいた者よ。汝の意志はどこにある? 汝の真に欲する道を、真なる意思を指せ。

このブログはあなたがプレイ済みであることを前提に、割と躊躇なくネタバレします。

現況

 とりあえず安易な考えで物理無効をつけてみました。プレスターンバトルは結局いかに行動回数で優位に立てるかに尽きると思うので、飛んでくる可能性が高い属性に対抗できればできるだけ都合がよろしい。まあ、ここまでくると万能属性だの属性貫通だの当たり前に使われるので、こだわる意味もあまりなかったぽいですが。
 微妙なエンディングを選んだのでラスボスが大して強くなかったという事情もあります。氷結使われたって関係ねえ!

 ちなみにラストダンジョンではほぼザコ戦をしていません。(※ あんなダンジョン構成でまともに戦闘する気になるか!) ここまでの旅路で福音書が20個ほど溜まっていたので、どうせ最後ですしと恥も外聞もなくお手軽レベリングさせてもらいました。DLCを買っていなくても意外に集まるものですね。魔導書に至っては99個溜まっているんですが、今さらあえて使う必要性も感じなかったのでダダ余りのまま放置。

最後の回答

 「神の王座なぞ、この手で破壊してやる。人の世は人の手のみで在るべきなのだ」

 ショウヘイの目的が神の御座の破壊とかいう思いのほか過激なものだったことにまず驚きましたが、そのうえで条件を満たすと派生する別ルートの展開にもまた驚かされました。

 旧神たちを消滅させて人間だけの世界を創る。

 却下です。
 私は本来民主主義と多様性の支持者です。越水長官の目指す世界が民主主義というよりは貴族主義(※ 結局統治者と民衆に分けられる / 義務を担う者と利益を得る者が乖離する)に感じられたのでこちらのルートを選びましたが、別にショウヘイの考えかたに丸ごと賛成したわけではありません。特に根幹部分の思想は今も気に入らないまま。

 ショウヘイの目指す世界は強者を排除した世界です。
 全ての人間が自由意志のもと強く生きられるようにするために、弱者を屈服させ意志を曲げさせようとする、悪意や暴力を世界から消し去ることを理想としています。理不尽の無い平等な世界を彼は求めています。
 従って、彼の創る世界において悪魔(旧神)は人類の明確な敵ということになります。彼らの持つ力は発生した瞬間からほとんどの人間を大きく上回っているからです。さらに彼らがナホビノに戻り、至高天へ至れば、主神として世界の理そのものを改変することさえできてしまいます。理不尽このうえない存在です。

 神の御座を破壊すれば、少なくとも理不尽な強制力による世界の理の改変だけは避けることができます。

 ただ、これだけでは依然人間と悪魔との間にとてつもない力の差が残されてしまうのですが・・・。
 ショウヘイにできることはここまでが限界でした。彼の理想を考えるなら、むしろ神の御座を使って悪魔の存在そのものを消し去ったほうが手っ取り早かったはずなのですが、残念ながら彼はナホビノではありませんでしたから。
 人間の強さを信じる彼の矜持として、自分がナホビノ(悪魔 / 旧神)の力を利用することに抵抗もあったのでしょう。ここで人間が強くなれる権利さえ守りきれば、いつか悪魔にも打ち勝てるという信頼もあったのでしょう。なるほど、彼は本当に人間を愛していたんですね。

 申し訳ないのですが、私は彼ほど純真な思いで人間を信頼することはできません。

 「たとえどれほどの実力差があろうとも戦う。その意志のない者には生きている意味がない。ならばいつ死のうが同じこと。また、悪魔にそそのかされ他人を裏切るような愚か者も死ぬべきだ」

 「騙されるお人好しも世の害になるだろうが、騙す者がいなければ害にはならんもの。悪意を持つ者の存在が世を曲げるのだ」

 他者にそそのかされ自分本来の意志を曲げる愚か者が存在するのは、彼らが弱いからではないと思います。
 暴力に対抗できる力があろうとなかろうと、イチロウやサホリのように他人に決定権を委ねようとする惰弱な人間はいるものでしょう。反対に、今まさに蹂躙されようとするなかですら自分の意志を貫けるタオやミヤズのような人間も。
 彼らの違いはきっと、ショウヘイが考えるような「強さ」ではなく、自分の生きかたに対する「責任感」。

 人間は変わることができるでしょう。
 悪魔に対抗できる強さを得ることもできるでしょう。

 それでも依然愚か者は残ります。いつの世も生まれつづけます。たとえ人間がいくら強くなろうとも。
 「悪魔を消滅させて人間だけの世界を創る」 そんなシンプルな理では結局彼らの存在を排除することができないと、私はそういうふうに考えます。――ショウヘイのように「騙す者がいなければ彼らも健全に強さを目指せる」と信じられるならまた違っていたのでしょうけれど。

 「ついに至高天への道が開いた。そこは始原にして終焉を表す地。世界を改変する創世の光の源だ。到達したナホビノは望むとおりに世界をつくり変えることができる。資格ある者よ。至高天を進み、王座を目指すがいい」

 だから、私は人間だけの世界を否定します。

 悪魔に対抗できるだけの力を得て、そのくせ性根は醜悪なままの人間。そんなものは悪魔と何も変わらないから。
 悪魔だけを排除したところでどうせ世界は何も変わらないから。
 そのくらいなら、悪魔であっても隣人としてその存在を認め、こちらを害そうとする個体とは争い、協調できる個体とは宥和する。打算があってもいい。裏の狙いがあってもいい。最低限お互いに手を取りあえる関係でいられるかぎりは。
 そういう当たり前の、人間同士の場合と何も変わらない関係性を、悪魔とも築いていきたい。種族ではなく、個々の価値観によって、共存できるかどうかを区別したい。
 そして、悪魔のなかにも人間のなかにもどうしても生まれ出でてしまう邪悪に対し、手を取りあえる全ての味方とともに抵抗していきたい。

 あえて人間と悪魔を区別する意味はありません。人間が悪魔に対抗できるくらい強くなれるというのならなおさらです。

 これが、この物語における私の回答です。
 私と私の主人公は神の御座を破壊しました。
 立ち会った全ての登場人物から呆れられ、ろくでもないエンディング描写も見せられましたが、もっと上等とされるエンディングがあることも明らかでしたが、後悔はありません。私の理想にとってはこの選択こそが最善でした。

 私が守りたいものも、拒絶したい対象も、悪魔と人間、両方のなかに存在します。
 全ての線引きは私が決めます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました