デリシャスパーティプリキュア 第24話感想 幼児に課題解決のための立案手順を説くヒーロー番組。

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

今は泣くときじゃないぞ! パムパムは大事な友達なんだろ。――どうする? どうしたい!?

↓TVerで最新話無料配信中!(おおむね放送終了後1週間限定)↓

↓過去話はdアニメでいつでも視聴可能!↓

↓YouTubeチャンネル限定コンテンツも配信中!↓

「コメコメなんて知らない! 波乱のピザパーティ」

Lead Character:がんばったひと

コメコメ

Major Happening:大きなできごと

 コメコメとパムパムが喧嘩してしまった。さらにパムパムがひとりになった隙を突かれてナルシストルーに捕まってしまったが、コメコメもパムパムもお互い意地を張って協力しようとしない。
 そうしているうちプリキュアのピンチを招いてしまい、コメコメは自分の行いを嘆くも、あまねに「今は泣くときじゃない」と諭され、パムパムを救出するための行動を始めた。

Sub Questions:小さなできごと

夏休みの宿題

 宿題が全然進んでいないゆいとらんのために勉強会が開かれた。特に苦手な数学の文章問題では文意を身近な例に置き換えて取り組もうとするも、余計な考えに意識を引っぱられて全然うまくいかなかった。

Battle Depiction:どんなバトルだったか

 パムパムを人質に取られただけでなく、ナルシストルーが積極的に戦闘参加してきたため、パムパム救出後も全体的に苦戦した。
 それぞれが自分にできることに最大限取り組んでコンビネーションし、特にあまねがジェントルーの短所を突いたことが決め手となって勝利できた。

I’m curious !:気になるポイント

「(2) しんせん中学校の去年の入学者数は男女合わせて400人でした」

 私の母校の去年のデータに比べて8倍近くいるんですが・・・。しかもこれよく見たら2校統合後のデータだと!? いつの間に中学校1校だけになってたんだ?
 いやまあ、(3)のトマト1個80円、キュウリ1本120円もたいがいではあるんだけれども。

「がんばれがんばれゆーいっ!」

 かわいい。

 数学の文章問題って結局のところ出てきた数字を公式に当てはめるだけなので、悩むところなんてどの公式を使えばいいかくらいのものなんですよね。身近な例に例えて考えるとかむしろやらないほうがいいです。出題側もそこまで深い考察は求めてません。余計なことを考えずシステマティックに解きましょう。
 学習指導要領的にはたしか実生活で数学的思考を実践できる能力を求めていたはずなので、本当はたくさん出てくる情報のなかから必要なものだけ抽出する、みたいな長文読解的作業もやらせたほうがいい気もするんですけどね。それマトモに出題してくるのむしろ地理の統計問題なんですよねえ・・・。

 さて、毎年恒例の妖精主役回です。
 プリキュアシリーズの妖精主役回は作品全体のテーマから一旦離れて、子どもの視点から子どもならではの課題解決に挑むお話が主になります。・・・去年? くるるんにムチャなこと言うな。
 今話のテーマは自発的な課題認識とその解決。いつもなら具体的な事例に対して具体的な解決方法を提示していたんですが、今回はコメコメ自身が課題を認識し、あまねやマリちゃんに助けられつつも、解法まで自分で考えることになりました。例年に比べるとだいぶ高度なことをやらせた印象ですね。私も最近ISO 9001の更新審査で似たようなことをやらされました。

適切ではない課題認識

 「文章問題は自分に置き換えて考えてみたらわかるかも」

 それでうまく解けたプリキュア、歴代シリーズにひとりもいなかった気がする・・・。
 というか、ゆいとらんに想像力を使わせると盛大に脱線してしまうのは実証済み(※ 第11話など)なんですから、ここねも学習するべき。

 まあそんな感じで、ゆいたちのほうも宿題を片付けるのにふさわしい手段を間違えてしまうところから始まる今話です。

 今回、コメコメは5点ほど課題認識を見誤りました。

 「がんばれがんばれゆーいっ! がんばれがんばれゆーいっ!」
 「コメコメ。今、ゆいとらんは勉強中なんだ。少し静かにしてもらえないか」

 1点目はゆいたちへの応援。
 コメコメは単純に応援すればゆいたちが早く宿題を終わらせてくれる(※ ひいてはそれだけ早くピザパーティを始められる)と思っていました。けれど実際はむしろ逆で、騒ぐとゆいたちの邪魔になってしまいます。

 「コメコメ動いたパム!」
 「動いてないコメ! 気のせいコメ。昨日からまったく動いてないコメ」
 「そんなわけないパム。むー・・・、だるまさんがころんだはもうやりたくないパム!」

 2点目はパムパムたちと遊んでいるときのズル。
 勝ち負けにこだわるんだったら口八丁で押しきるのもアリかもしれませんが、本来この場の目的はみんなで楽しく遊ぶことでした。そのためには仲よく対等に遊ぶことが必須条件。ひとりだけズルをするのでは、たとえ勝てたとしても楽しく遊ぶことはできませんでした。

 「パムパムとケンカしたのか?」
 「パムパムがひどいこと言ったコメ!」
 「パムパムはいつもそんなことを言うのか?」
 「・・・言わないコメ」

 3点目はパムパムとケンカになった理由を正しく認識できなかったこと。
 現実の3~6歳くらいの子は状況認識能力が未熟で、自分に都合のいい誤認識(=空想)を無意識に信じこんでしまう傾向がある(※ サリー・アン課題を参照)ので、あまねに質問されて自力で正しい現実認識に辿りつけたコメコメは充分立派です。
 ただ、それでもやっぱりこのケンカの原因をつくってしまったのはパムパムではなくコメコメ。課題解決の観点からも、コメコメ自身にとってケンカ状態は居心地のいいものじゃないはずなので、無闇に意地を張るのではなく、関係修復のため積極的にパムパムとコミュニケーションを図るべきでした。

 「た、助けてもらわなくてもいいパム! パムパム自分でなんとかできるパム!」
 「・・・じゃあ知らないコメ!」

 4点目は緊急時なのにパムパムと意地を張りあってしまったこと。
 この状況だと悪いのはどちらかというとパムパムでしょうけどね。
 ですが、やはり問題解決という観点では、パムパムがナルシストルーに捕まっているこの状況は一刻も早く解決すべきでしたので、ここは(たとえ正当性があったとしても)意地を張るべきではありませんでした。コメコメ自身それで辛い顔をしてしまうくらいなんですから。

 「コメコメが、優しくなかったから・・・」
 「今は泣くときじゃないぞ! パムパムは大事な友達なんだろ。――どうする? どうしたい!?」

 5点目は行動する前に反省を始めてしまったこと。
 PDCAサイクルといって、行動を起こす際の効果的なプロセスはPlan(計画する)→Do(実行する)→Check(評価する)→Action(改善する)の流れに整理できます。ここでコメコメが発言した内容はCheckに相当。反省自体はもちろん必要なことですが、それはDoの後にやるべきことです。
 あるいはOODAサイクルでもいいでしょう。Observe(状況観察する)→Orient(方向性を定める)→Decide(具体的計画を立てる)→Act(行動する)の流れです。こちらでいうならコメコメはまだObserveの段階。Actに移るまであと3ステップも残っています。
 行動を伴わない反省は自らを消極的にしてしまうだけ。また、反省するならセットで改善案まで考えなければ次の行動に生かせません。

 ここまで書いて改めて思いますが・・・、今話の内容、マジでプリキュア視聴者層に要求できるレベルじゃねーな!

 家庭内教育に生かすとしたら、これはご家族が意識して、それこそあまねみたいにお子さんの思考をフォローするときの心づもりとして用いるべき内容でしょうね。

今やるべきこと

 「今は泣くときじゃないぞ! パムパムは大事な友達なんだろ。――どうする? どうしたい!?」
 「パムパム・・・。謝りたい! 助けたいコメ!」

 あまねのスパルタすぎる達成目標にみごと応え、こうしてコメコメは今自分が置かれている状況と、それに対して自分が何をするべきかを正しく認識しました。
 あとは自分が利用できる支援と現場での運用管理手順を最大限行動に生かすのみ。(※ ISO 9001脳)

 具体的にはマリちゃんとメンメンに協力してもらって3段ロケット式にナルシストルーのところまで突進し、パムパムの代わりに自分が捕まった際は変身能力を使って上手く逃げきりました。

 「お前は知らない仲じゃない。どうだ、俺様と組まないか」
 「誰がお前と!」
 「だよなあ。――俺様は誰よりも強く、美しい! それが俺様の長所だ!」
 「・・・お前の短所はすぐに自惚れ、油断するところだ」

 一方のナルシストルーは絵に描いたような反面教師。

 まともに状況を考えたらここであまねを再勧誘できるとは思えませんし、そんな自分でも実現性が薄いと思っていることをあえてこんな鉄火場で実行する理由もありません。そもそも戦闘中に自己陶酔するな。それ一番意味のない行動だろ。
 ナルシストルーにそんな愚かな行動をさせたのは、つまるところ自身の能力の過剰評価にあります。CheckやActionプロセスの有用性を軽視してもどうにかなるだろうと慢心するから、雑なPlanのもとでDoしてしまうんです。次はしっかりと反省してからプリキュアに挑むべきでしょう。PDCAサイクル回してけー?

 まあ、そんなバカヤロウの話はこのくらいにして。

 「食べたら一緒に遊ぼうパム」
 「コメ! 何して遊ぶコメ?」
 「パムパムのしたいことも聞いてくれるパム?」
 「もちろんコメ!」

 改めての確認になりますが、反省すること自体はとてもよいことです。
 ただし、反省するなら必ず次の行動に生かしましょう。

 プリキュアシリーズは昔から、より良い未来に寄与しない、ただ迷惑をかけた相手の感情を慰めるだけの形式的な反省には批判的です。

コメント

  1. 亀ちゃん より:

    今日はコメコメとパムパムが妖精同士でケンカしてしまう話だと、本編を視てわかった話でした
    キュアフィナーレがナルシトルーに「誰がお前と」と返しつけたことは、本編を視てもシックリ着ました!!☆☆♬
    いろんなアニメなどの二次元メディア作品的に感慨深さが続きましたね!!☆☆♬
    ちなみに敵側にいた女子メンバーがプリキュアやプリキュアのサポートなどの役割に回ったことで、裏切り者と敵がいうのは、キラキラプリキュアアラモードにて、ノワールがジュリオとビブリーの両方に言い放ったことから始まった5年ぶりの感慨深さでした!!☆☆♬
    ちなみに中学校の数学とはどの問題も公式を覚えてしまうと後はコピペ問題と、六畳半のすごし方の魔法つかいプリキュア編の感想文で書かれたこともあります
    高等学校の数学は中・高と数学が全般的に得意な岡山県立進学校→関西大OBの後輩同僚の言う通り、それこそ日常生活ではほとんど使う機会がないという話があり、私が高校時代に習った数学も日常生活ではほとんど使わないことばかりでした!!
    私もお父様らから数学が得意と言われますが、算数の時から母親譲りで図形が穴なんですよね(笑)
    それでも私個人としては苦手な図形だって、解ける問題は解けますし、高校時代厳然たる事実上は生産機械科に合格通知が出て、入学するハメになったことで、製図は当然3年間必修でしたが、中1の時の作図なら最寄りの公立中学校レベルだと今ならいくら難しくても出来て当然という(自負がある)ほどコンパスを上手く使える技術が身に着きました!!☆☆♬
    むしろ機械科に行った時の製図の方が、最寄りの公立中学校の1年の時の作図より、コンパスを使う技術を擁しますね!!(汗)
    デリシャスパーティの先輩プリキュアでも、みらい(キュアミラクル)や咲(キュアブルーム)など数学が苦手なプリキュアも本当に多いですね
    その中でもやよい(キュアピース)は数学に限らず学校で習う教科は美術を除いて全般的に苦手と言ってもいいほどですが

    >で、今回。プリキュアとは完全に無関係なことで言いたい雑談は
    岡山市北区の大和町の信号からその信号より1番近い岡山・広島展開のHappy Townというデパートの中間点にあるカレーを中心としたインド料理店では、私のお母様には何回食べても美味く感じるのに、私個人としては岡山大病院に入院前の時点では何回食べても、普通の味わいのカレーなんですよね(そればかりか、ナンも)
    しかしこの手の書き込みをインターネット上で何回も見つけたことで、今度家族で食べに行った時は岡山市北区の大和町の信号から1番近くのカレーを中心としたインド料理では私個人としても初めて旨味を感じられるようになっているカレーやナンを食べたくてウズウズしています!!(厳→咲→輝)

    • 疲ぃ より:

       そっか、学校の授業だとCADじゃなくて紙で製図するんですね。いやまあCADでもどうせ数学的思考からは逃れられないわけですが。
       私は昔から暗記がまったくダメ(※ ブログでもちょくちょく人名を間違えてますね)だったので、中学の数学のテストはまず公式を導くところから始めてました。中学数学に出てくる公式は中学生でも証明できるくらいのシンプルなものばかりなので、最悪丸暗記できなくても理屈さえ理解してあればその場の四則計算でどうにかなるんですよね。まあ、公式を導き出せても今度は九九を間違えるんですが。あと高校数学はさすがに丸暗記しなきゃ手も足も出ませんでした。

  2. ピンク より:

    暇潰しにあの文章題たちを解こうとして、見事完敗しましたorz
    Twitterで検索したところ本当に全部解けるようにできてるみたいで、少し悔しくなったり。

    プリキュアになる少し前、何もかも全部捨てちゃいそうな勢いだったあまねが、今度は泣いてるコメコメの背中を的確に押してあげるとは……実に熱い展開でしたね。
    とりあえずパムパムたちを泣かせたナルシストルーは、リボン消し飛ばされるくらいじゃ足りないです。
    次はフィナーレブーケを5cmほど左側に撃ってみてはいかがでしょう。

    で、ラストに紫色の飴玉みたいなものが出ましたけど、あれ多分デリシャストーンですよね?
    違ってたとしてもパワーアップ系の何かなのは間違いなくて、折り返し地点を過ぎたことですし不穏な予感です。

    • ピンク より:

      あ、フィナーレブーケは正面から撃ったわけじゃない+向こうも避けようとしたので、ズラしたとこで意味なさそう……

    • 疲ぃ より:

       {8x+2y+120=1000, 6x+5y-80=1000 と連立方程式を立てたところまではよかったんですが、「右辺が=1000で一致してるな! よし! 8x+2y+120=6x+5y-80が成立するぞ!」・・・などと脳みそとろけたことをやってたことを告白します。

       いやほんと、あまねも生徒会長をやめるとかあのあたり、どう償えばいいのかわからなくて雑に際限なく自罰しようってだけでしたからね。あれから成長したというか、経験が生きたというか。

       スプラトゥーンを100時間だけプレイした経験からいうと、射撃戦はエイムよりも読みあいです。置き撃ちしましょう、置き撃ち。(※ ニワカ) 好きなブキはL3リールガンです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました