キラキラプリキュアアラモード ゆかり様をお慕いするファンの集いを見分けよう。

私たちは美しく高貴なゆかり様をお慕いするファンの集い!

キラキラ☆プリキュアアラモード! Blu-ray Vol.1

※ いうまでもなくネタ記事だよこんなの!

 一応の趣旨としては「実はこういうところもちゃんとキャラ設定引き継がれてるんだよ! アニメーターってスゴイね!」ってな具合ではあります。一応ね。
 ちなみに初登場第10話と第11話以降では彼女たちのキャラの趣旨からして違うからか、表情のつけ方に若干の差異があります。具体的には左右の瞳の距離が若干狭まり、口のかたちがやや丸っこくなるなど、全体的に親しみやすい、かわいらしい顔立ちになっています。というか第10話が昆虫顔なだけというか。

 これ以上特に前置きすることもないのでサクッといきましょう。
 一部例外を除いて毎回隊列が同じなので、左から順に独断と偏見マシマシで解説していきます。必要な方は第10話の自己紹介シーンを用意してください。業の深い方は絵が脳裏に焼き付いているでしょうから何も用意する必要はありません。

一番左・・・ぱっつんロング

 青木れいかや十六夜リコみたいな髪型の子ですね。髪色も加味するとリコの方が近いでしょうか。飾り気のないさらさらストレート。男子から人気高そう。もみあげ(失礼)の長さは肩にギリギリかからないくらいでしたが、第18話で一気に伸びました。次はどうなる?
 眉毛・・・前髪に隠れてめったに見ることができませんが、細眉です。
 瞳・・・おおむね縦に長いかたちで描かれています。好奇心旺盛そうな印象。
 隊列の関係もあって、登場するときは一番手に来ることが多い子です。・・・唯一隊列がいつもと違う第11話でもちゃっかり2番手に来ているんですよねこの子。かなり積極的な性格なのかもしれません。

左から2番目・・・毛先ロール

 やや明るめの小豆色の髪。前髪は中央分け。正面から映ることが多いので見逃されがちですが、実はサイドヘアーを後頭部でまとめてピンク色のリボンで結っています。そのリボンは高校生としてどうかと思いますが、毛先パーマと合わせて間違いなく一番手間がかかっている髪型です。オシャレさんなんですね。
 眉毛・・・やや太めのナチュラル。
 瞳・・・気持ちほんのりツリ目。いかにもハキハキしていそうな目力の強さ。クラスでは女子人気高そう。
 目立つ容姿の割に意外とファン活動では目立つところのない子です。なんとなくこういうタイプはあんまりオッカケとかやらなそうなイメージなんですが、どうしたんでしょうね? ゆかりのファッションセンスに心酔したとかそんなところ?

真ん中・・・ヘアピンストレート

 黒髪を片方だけヘアピンで寄せてある子。見栄えの割にたぶん手間は一番かかっていません。察してあげてください。
 眉毛・・・眉尻細め。
 瞳・・・お饅頭型というべきか。どこかねっとりした印象を受けるのは私だけでしょうか。ナマモノ系オタク特有の雰囲気というか。
 ソロで喋るときはこの子が担当。たぶんグループのリーダーですね。ちなみにお茶会でハンカチを忘れたのもこの子でした。スイーツフェスティバルで唯一あきら相手に目をハートマークにしていないなど、さりげなく徹底しています。なにこの子怖い。お小遣い全部ゆかりグッズ製造につぎ込んでそう。

左から4番目・・・ふんわりボブ

 ふわふわした髪質で大胆に額を開けています。初登場時はやたらとこんもりしていたんですが、次の登場以降はかなり抑えめにまとめられています。静電気でも溜まっていたんでしょうか。
 眉毛・・・5人の中で一番の細眉。
 瞳・・・くりくりとしたタレ目。たぬき顔ってやつでしょうか。おっとりとしていながら人なつっこそうな印象。
 キャラクターとしては今のところ一番地味な子です。ジュリオにキラキラルを奪われたときの倒れ方がかわいかったことくらい。

一番右・・・外はね巻き毛

 はーちゃんヘアー。後ろも真ん中からふたつに分けて左右に巻いているようです。初登場時は巻き毛の中までぎっちり髪の毛が詰まっていたんですが、第16話以降空洞ができるようになりました。髪切った?
 眉毛・・・主張の強い太眉。
 瞳・・・大抵の場面において5人で一番面積が広い、つぶらな瞳。
 小さかったり見切れていたり、何気に扱いが不遇な子。ビジュアルが少女漫画チックで華やかなのが救いです。それにしても髪の毛の巻き方ひとつでずいぶんと印象が変わるものですね。一番変な髪型ですが、一番垢抜けている気さえします。指突っ込みたい。

6人目

 第11話のみ、6人目が登場します。あまりにも画面映りが小さくてどんな顔をしているのかすらわかりませんが。・・・ホラーじゃないよね?

シェアする?

フォローする!