魔法つかいプリキュア!第35話感想 手を繋げば強くなれる。だってみんなそれぞれ違うから。

学校をもっともっとステキな場所にするために、僕が・・・守るんだ!

魔法つかいプリキュア! Blu-ray vol.4

(主観的)あらすじ

 「生徒の代表」「大切な役目」そんな肩書きに釣られて生徒会長に立候補したリコ。みらいやはーちゃん、まゆみに勝木さんと応援団も充実して、華やかな選挙戦を展開します。対するは同じクラスのあんまり目立たない男の子、ゆうとくん。人前に出るのが苦手な彼はなかなか大きな声が出せずに苦戦しているようです。
 けれど彼は選挙活動の傍ら、花壇の補修をしたり図書館の本棚を整理したりしていました。彼には学校をもっとステキな場所にするための具体的な展望があるからです。それは今のリコに欠けているものでした。
 学校をもっとステキな場所にしたいというゆうとくんのひたむきな努力を尊敬したリコは、生徒会長の肩書きを彼に譲ります。いつか自分も彼のような「本当にやりたいこと」を見つけられるように。

 ワクワク、親子愛、情熱と続いて今回のテーマはひたむきさ。今、自分たちに何が欠けているのか、どうすればよくなるのか、そのヒントを周りの人たちから受け取って、みらいたちが「本当にやりたいこと」を見つけるための道が着実に整備されていきます。手を繋ぐ奇跡の魔法は周りの人を幸せにするだけでなく、自分自身も成長させてくれるんですね。3人の輪の渉外担当がすっかり板についてきたはーちゃんが頼もしい。
 チクり魔チクルンは花の里の妖精という何やら訳ありっぽい設定。ミステリアスさを増すオルーバとともに、本格的な活躍はまた次回。
 それにしても、主人公のひとりのくせに古典的なライバルキャラポジションにぴったりと収まってしまうリコさんときたら。

肩書き

 「生徒の代表ともいえる生徒会長は学校生活における諸問題を解決する大切な役目を担い・・・」 この文章から「生徒の代表」「大切な役目」というワードをピックアップしてしまうリコは相変わらずですね。
 これは「立派な魔法つかいになる」夢と同質ものです。今の自分に不安があるから、ご大層な肩書きを求めて取り繕おうとしてしまうのです。当初彼女は「立派な魔法つかい」になってどうするかを全く考えていませんでした。自己肯定感がとことん弱い子でしたからね。とにかく立派な人になれさえすれば、今の自分が抱えている問題が全部解決すると信じていたのでしょう。
 みらいと出会ったばかりの頃に比べて、彼女はずいぶん成長しました。魔法も使えるようになったし、他にもできることが格段に増えました。家族の愛情も素直に受け取れるようになりました。抱えていた問題のほとんどが、立派な魔法つかいになるまでもなく解決していきます。

 山積みになっていた問題が片付き、見通しがよくなったことで、彼女はようやく隠れていた問題に気付きます。「立派な魔法つかいになる」 ずっと大切にしてきた夢は実は空虚なものでした。なにせ立派な魔法つかいになりたかった動機のほとんどが解消されてしまっているわけですからね。
 成長した彼女にはその成長にふさわしい夢が必要です。本当は生徒会長のような肩書きに依存していないで、もっと違うものを探すべきなのですが、あいにく長いことひとつの夢しか知らなかった彼女はその探し方を知りません。

 実は今のリコには「生徒の代表」「大切な役目」なんてご立派な肩書きは必要ないんです。そういう空虚なもので覆い隠せる程度の問題は、彼女はすでに乗り越えてきたのですから。けれどその代わりの新しい夢、新しい行動指針がまだ見つからないから、手癖のように今までやってきたことを無意味に繰り返しているだけです。
 今のリコはみらいと同じなんですよね。自分の夢が見つからないことの代償として他人の夢の手伝いばかりしてしまう彼女と、本質的には何も変わりません。

ロードマップ

 ゆうとくんにはリコたちのような圧倒的な行動力はありません。「人はね、みんな違う」 リコたちがその行動力を築きあげてきた経験を、ゆうとくんは経験していません。代わりに、リコたちが持っていないかけがえのないものを彼は持っています。

 ラテン語の「種子」を語源とするガーネットは、実りを象徴するパワーストーンという側面も持ちます。地面に落ちた種が芽吹き、何年もかけて大きな樹に育ち、やがて大きな果実をつけるような、あるいはそんな種を根気よく育てるような、この石はそういうひたむきな努力を応援してくれます。
 花壇に咲いていた花はガーベラ。花言葉はオレンジ色が「我慢強さ」、黄色が「親しみやすい」。
 いずれもゆうとくんにぴったりな意味ですね。彼は人前に出ることを不得手にしている代わりに、地味で堅実な仕事を得意とします。

 「この津成木第一中学校に通っている生徒全員が仲間になれるような、みんながもっともっと笑顔になれるような、そんなステキな学校にしたいです」
 人と人とを繋ぐことを第一に考える、ゆうとくんのとびきり優しい夢。壮大すぎて一見リコの「立派な魔法つかいになる」と同じふわふわした夢にも見えますが、具体的な指針を彼は行動によって示すことができます。花壇の補修、図書室の整頓、その他様々な問題に目を行き届かせられる愛校心。この具体性の有無がリコの夢との明確な違いです。

 だって、そもそも順序が違うんです。リコの場合は形骸化してしまった夢に後付けで動機を添えようとしているから苦労しているんです。「クラブやクラス関係なく生徒みんなが仲良くなれるよう、僕になにかできないかと思って」 ゆうとくんは初めに目的があって、その手段として生徒会長になることを選びました。こちらの方が夢に具体性を持たせやすい。
 ドキドキ!プリキュア劇中未登場の設定に、相田マナが生徒会長になったのは四葉ありすの兄に勧められたからというものがあります。幼いマナは人助けをしたい気持ちが強すぎて、むしろ周りを傷つけてしまっていました。世の中けっこう複雑で、ただ人助けがしたいというだけでも人間関係に摩擦が生じてしまいます。けれどみんながその人助けに協力的になれば、摩擦は最小限となるでしょう。マナにはそのために生徒会長という肩書きが必要でした。
 初めに目的があって、そのために目指すべき理想があるのです。初めに目的があるからこそ、理想を叶えるための道筋が見えてきます。どんなに壮大な夢で、どんなに地道な作業であっても、道筋が明確ならば前に進むことができます。
 夢はいつだって現在のあなたの延長線上にあります。

 少し前、リズ先生は夢に迷うリコにふたつの言葉を贈ってくれました。「あなたにとっての立派な魔法つかいってどんな人なのかしら?」「焦らず自分の好きなことを探してみればいいんじゃないかしら」
 前者は夢の方から現在の動機を探る考え方。後者は現在の自分のありかたから求める夢の形を導く考え方。劣等感が取り払われたために夢だけが宙に浮いてしまったリコの夢を、もう一度現在の彼女に結びつけるための問いかけです。
 今回ゆうとくんが改めて示した考え方は後者ですね。「十六夜さんが生徒会長になってやりたいことって何?」 リコは答えることができません。いつもの癖で立派な肩書きを求めてしまっただけなのですから。
 けれど、自分には答えられないという気付きこそが大切なのです。

 例えば今ベニーギョと戦っているのはどうしてですか? あなたは何のために、どうしたいのですか? たとえ目的すら知らない理不尽な外敵が相手であっても、迎撃するからにはこちらには意図があるはずです。考えてみましょう。
 今回の戦いの目的はゆうとくんが守ろうとしている花壇や学校を守ること。そのためにするべきことは・・・まずリンクルストーン・アクアマリンでヨクバールの強風を封じ込め、ペリドットの力で戦いの舞台を学校の外に移動させること。そしてそのままトドメ。
 ちなみに前回は状況的に戦う理由が一切見当たらなかったので、シャーキンスをガン無視してイチゴメロンパンを買いに行こうとしました。
 自分が何をしたいかが定まれば、自ずと着地点も道筋も見えてきます。逆に何をしたいのかすらわかっていないのでは迷うばかりで動けません。・・・ああそうか、まず第一に行動することを推奨する補習授業はこのためにあったんですね。

その違いがステキだって今なら言える

 魔法つかいプリキュア!の物語は基本的に閉じた関係性に身を置いているとすぐ限界が訪れる構造になっています。校長先生やクシィ然り、はーちゃんを救えなかったみらいたち然り、孤独に戦ったヤモー然り。
 手を伸ばしましょう。そこにはそれぞれみんな違う人たちがたくさんいます。みんなできることがちょっとずつ違います。だからもし誰かと手を繋ぐことができたなら、あなたはきっと今までできなかった何かができるようになるでしょう。「その違いがステキだって今なら言える」 それこそが奇跡の魔法にまつわる無限の力。
 さあ、手を繋ぎましょう。

おまけ。リコが読んでいた本

 色々と面白かったので書き起こしてみます。

Dを選んだあなたは…… 生徒会長タイプ
 「生徒のダイヒョウともいえる生徒会長は、学校生活におけるショモンダイを解決する大切な役目を担い……」
 あなたのアタマの中には、こんなムズカシイコトバがいっぱい! たくさんのことを知っていて、友達からも一目置かれるクールな「生徒会長」タイプだよ。
 アタマの回転が早くて何でもすぐ覚えちゃうけど、ほんとはちょっと忘れっぽいおっちょこちょいさんなトコロもあるかも? 実は感動屋さんなあなたは、美術や音楽といった芸術系の分野でも才能を発揮できそうよ。
レンアイ運
 あなたは恋にはとってもオクテ! 好きな彼がいても遠くから見つめてるだけだったりして……でも大丈夫。あなたの魅力はズバリ-
トモダチ運
 クールで神秘的。頼れる会長さん! なあなた。だけど、少し近寄りがたい雰囲気も持っているかも……。少し人見知りだけど、仲良くなったトモダチをずっと大切にするタイプね。 -いなら、自分から話しかけ-
そんなあなたの適職は…… 「総理大臣」
 リーダーシップを取るのが得意なあなた。生まれ持った天性のカリスマ性も持っているわ。そんなあなたにぴったりなのが、「総理大臣」! -を冷静に、そして-

 学校になんて本置いてるんですかね、この学校。というかこの浮ついた紙面でハードカバーという恐ろしいギャップ。司書さん(or図書担当教諭)を騙す気満々ですね。
 リコさんもよりにもよってこんな本参考にしないでください。しかも引用した部分が「ムズカシイコトバ」とか書かれちゃってるし。

 全体的に明らかにドキドキ!プリキュアの相田マナを想定して書かれていますね。この手の診断本で「総理大臣」なんてぶっとんだ職業をオススメしてるの初めて見ました。感動屋さんなのは合っているのに決して音楽の道を勧めてはいけないジレンマ。
 トモダチ運の部分はGo!プリンセスプリキュアの海藤みなみ、レンアイ運は・・・初代の美墨なぎさでしょうか。後者は生徒会長じゃないけれど。

シェアする?

フォローする!