ID:INVADED 第9~11話考察 飛鳥井木記の夢とは誰の夢なのか?

夢。あのとき目を覚ますまでに俺が経験していたことが、全て飛鳥井さんのなかで見ていた長い夢だったとしたら――。まったく信じがたいし、矛盾もたくさんあるような気がするが、これが現実ということになる。

※注:私の考察はガッツリ書いているものほどまず当たりません。

連続殺人鬼候補を見出す方法

 「8月15日は午後2時から午後3時。9月7日は午後11時から午前3時。9月10日も午後11時から午前3時」
 「早起きだね。15日は昼寝?」
 「そうじゃなくて、その日にこの穴開けたから、ぶっ倒れて、でも死ななくて、その間にこのオッサンの夢を見たんだ」(第11話)

 また奇妙な話が出てきました。
 このアリスモマニア、寝ているときですら3という数字が気になって仕方ないようです。
 冗談です。
 穴空きは3年前の2016年8月15日に初めて飛鳥井木記の夢へ招待されました。
 彼が自分の頭に穴を空けた、ちょうどその日に。

 そんなバカな話があるか。
 ジョン・ウォーカーとは心理現象などではなく、どうやら本当に実在する人物・早瀬浦局長だったようです。
 彼は何らかの手段によって連続殺人鬼候補を7人(8人?)見出し、飛鳥井木記の夢を通じて彼らを現実に連続殺人鬼へと仕立てあげました。
 ならば、彼は8月15日時点で穴空きも連続殺人鬼になる素質を持っていると知っていたことになります。

 「牢屋? 牢屋なんて入ったことねえぞ。そもそも警察に捕まる理由もねえし」
 「ああ。今の時点ではな」
 「だよな。結局のところ、夢のなかで遊んでるだけだから、法律破ってないもんな」(第9話)
 なお、顔剥ぎは飛鳥井木記の夢に入り浸っていた3年前当時、まだ殺人を犯していませんでした。
 それでも一応、当時からそれなりに殺人衝動を抱えていたらしく、嬉々として飛鳥井木記を殺していました。もしジョン・ウォーカーが何らかの手段を用いて事前に彼のイドの世界を覗くことができたなら、いくら現実に殺人を犯してないといっても素質くらいは見出せたのかもしれません。

 「別に。そこには女の子がいて、『その子の頭に穴を空けたらどうだ』って誘われたから、『興味がない』って言っただけだ。別の日も2回とも同じ夢を見て、同じようにお断りしたよ。『夢の穴に興味はない』って」
 「あなたの穴は本来そういうものじゃないものね」(第11話)
 ところが、穴空きは当時まだ殺人を犯していないどころか、他人に対する殺意すら持ちあわせていませんでした。いよいよもってジョン・ウォーカーが何を根拠に彼を見出したのかわかりません。
 まして、ジョン・ウォーカーが穴空きに声をかけたのは、彼が自分の頭に穴を空けた当日。というか空けた直後。前々から目をつけてでもいなければ、そんなタイミングよく彼を飛鳥井木記の夢に呼び出すなんてできるはずがありません。
 いいえ。事前に目をつけていたこと自体はとっくにわかっているんです。穴空きの家には盗聴器とビデオカメラが設置されていました。そこから得た情報を使えば、自殺まがいの穿穴をして昼間っからぶっ倒れていた男にジャストタイミングで会いに行くこともたしかに可能でしょうとも。
 穴空きの奇行を予見して盗聴器とカメラを設置し、しかも当日は彼が気絶する瞬間まで入念に監視していたということになりますが。

 ジョン・ウォーカーは間違いなく連続殺人鬼の素質を事前に確信したうえで声をかけています。
 いったいどうやって?

未来予知

 ジョン・ウォーカーが穴空きを見出した時点で、穴空きにはまだ連続殺人鬼になる予兆がありませんでした。
 とするならば、ジョン・ウォーカーはそれ以外のものを根拠に彼の素質を見出したことになります。現在でも、過去でもないもの。未来。

 「私の夢には私を殺す人が入ってきます。その人たちがこれからについての気持ちや計画を持ち込んでくるので、私の夢に影響が出ます」
 「つまり、あなたの夢が未来を描くこともあるということですか?」
 「正確かどうかは私にはわかりませんが、そういうこともあるようです」
 「可能性の未来・・・。つまりそれは、予知夢のようなものですか?」
 「それに近いものかもしれません。私には何もわかりません」(第10話)

 案外、飛鳥井木記が予知夢を見るというのは重要なことなのかもしれません。
 この会話内容だけなら連続殺人鬼の素質を見出すに足るほどの予知にはならないはず(※ 殺人鬼候補たちの思考が混じってくるだけなら穴空きが選ばれた説明がつかない)ですが、後に彼女は別の予知夢の話もします。

 「では、私ではなくこの世界を救うために、私というものを排除していただくことはできませんか? 私自身もそういう予知夢のようなものを見てるんです。私はもうすぐ壊れ、世界を歪めてしまう。だからその前に鳴瓢さん――」(第10話)

 世界を歪めるだなんて未来予測、そもそも人間の殺人衝動からは出てこない。

 飛鳥井木記の予知夢は、殺人鬼候補たちの思考などではなく、もっと別のものから情報を得て生みだされているのではないでしょうか。

 ひとつ、気になっていたことがありました。
 鳴瓢が侵入した、あの3年前の過去を再現した夢。
 あれは誰の記憶を元にした夢だったんでしょうか?
 飛鳥井木記の記憶であれば、彼女が鳴瓢の奥さんや娘のことを知っていたということになるので奇妙です。
 鳴瓢の記憶であれば、彼が現実で会ったことのない飛鳥井木記が登場し、複数の新情報を提供するのは奇妙です。
 これがもし百貴の記憶であったなら両方登場できても不自然ではなかったでしょうが、あいにく鳴瓢がここに来るために経由した元のイドは百貴ではなく鳴瓢のもの。今回彼は無関係です。
 そもそもが鳴瓢視点でも本堂町視点でも矛盾なく過去の世界同様に感じられるリアリティ、一個の人間の深層意識から構築できるものでしょうか?

 あの夢は複数人の記憶によって――、それも、過去も未来もないまぜにしたありとあらゆる記憶の集合体によって、構築されたものだったのではないでしょうか。

 フロイトの弟子・ユングが“集合的無意識”という概念を提唱しています。
 あまりにもオカルトじみているので個人的にはあんまり好きな説ではないのですが、簡単にいえば、人間の深層意識には個人が体験した以外の、全人類が無意識に共有している記憶があるのではないかというものです。
 たとえば、統合失調症の患者がその人の知るはずのない遠い国の知識を正確に語ってみせることが稀にあります。歴史上まったく交流がないはずの地域同士で似たような神話やおとぎ話が伝わっていることも現実にあります。集合的無意識の概念はこれらを説明づけるためのものです。
 もし、人間の無意識が空間を越えて、時間をも越えて、共有されているのだとしたら、と。

 飛鳥井木記が予知夢を見ることができるのは、集合的無意識に対して普通の人間より明晰にアクセスできるから、なのかもしれません。
 もしそこまでできるのなら、それはもはや集合的無意識というよりアカシックレコードと呼ぶべきものかもしれませんが。

ミヅハノメとは何を目的にしたシステムなのか

 それが“集合的無意識”なのか“アカシックレコード”なのかはさておき、飛鳥井木記が過去も未来も、他人の無意識すらも知ることができたとしたら。
 その場合、ジョン・ウォーカーの連続殺人鬼候補探しの方法は簡単です。実際に未来を覗いて、これから猟奇的な事件を起こす人物を計画に組み込んだらいい。

 では、ジョン・ウォーカー・・・というか、早瀬浦局長の目的は、過去も未来も見渡すことができる知識群を手にいれることなんでしょうか?

 連続殺人鬼たちの自宅からは盗聴器とビデオカメラが見つかっています。
 もし飛鳥井木記の予知夢を通じて完全な未来予知ができていたなら、こんな小細工は必要ありません。彼女の未来予知は、少なくともジョン・ウォーカーが暗躍していたころはまだ未完成のものだったと考えられます。

 7人の連続殺人鬼に7人ずつ殺人を行わせる・・・。この儀式めいた行為は、飛鳥井木記の集合的無意識へのアクセス能力を強化させるためのものなのかもしれません。
 7という数字はオカルト的にそもそも強力な数字なので、残念ながら早瀬浦局長が何を出典として一連の事件を考えついたのか特定することは困難です。たとえばアカシックレコード・リーディングにおいては、7つのボディに7日ずつ時間をかける(=49日)ことでやっと魂が体を離れられるようになる、という考えかたがあるようですね。あまりにもウサンクサすぎるネタなのでこれがアニメ脚本に採用されるかっていうと、まあ無いでしょって感じですが。

 そもそもミヅハノメというのは日本神話における水神の名前です。「ミヅハ」というのは“水を走らせる”の意。すなわち井戸を掘ったり、田畑に灌漑水路を引いたりするなどして、農地に水を行き渡らせる営みの象徴としての意味を持ちます。(「メ」は“女”で女神のこと)
 水を行き渡らせる。人と人とを無意識下でつなぐ、集合的無意識という連絡路に、飛鳥井木記という存在を行き渡らせる。
 「私、暴力の世界のなかで自分がなくなってきているのがわかるんです。このままだと“私”というタガが外れそうで・・・。私が“私”じゃなくなるんです。それは肉体的な死じゃなくて、“私”というものが溶けて、世界にあふれ出て、混ざりあってしまうような。そんな“私”のなくなりかたなんです」(第10話)
 飛鳥井木記の言っていたことはそういう意味だったんでしょうか。
 集合的無意識。あるいはアカシックレコード。一個人の枠に収まらない、世界全体にとっての「ドグマ(基本原則)に落ちる」。

 「それだけじゃありません。世界に溶け込むことで、きっと私は世界のありかたのほうをねじ曲げてしまう」(第10話)

 ああ、いや。そういえば連続殺人鬼たちの犯行がそれぞれ曜日固定になっているという謎も残っていましたね。
 これは未来予知だけでは説明がつきません。ジョン・ウォーカーの側から連続殺人鬼たちの無意識へ何らかの干渉を行っているはずです。
 結局ここに帰ってきますね。物語当初からつづく最大の謎。ジョン・ウォーカーはどうやって彼らに殺人をさせているのか。
 未だもってその謎を解き明かせる気はしないのですが・・・。

 たとえば、飛鳥井木記の持つサトラレ能力なんかはどうでしょうか。
 彼女は自分以外の記憶を夢に混在させるだけでなく、自分の考えていることを周囲の人間に伝える性質も持っています。これを利用して、集合的無意識を通じて他人の無意識に介入することはできないでしょうか。

 飛鳥井木記の見る夢は過去だとか未来だとかの時間概念を超越します。
 そのうえで他人の無意識に介入できるなら、過去に事件を起こした人物や未来に事件を起こす人物の行動をも書き換えられるということになります。

 この場合、飛鳥井木記を手中に収める早瀬浦局長は、未来予知どころか現実改変すら可能になるかもしれませんね。

シェアする?

フォローする!